オールインクルーシブホテル

松島温泉 一の坊 2019 宿泊感想 朝食

一の坊さんの朝食をご紹介します。

朝食会場も「青海波」です。
夕食は席に案内されますが、朝食は空いている席にご自由にお座りくださいのスタイルになります。

さっそくビュッフェをチェックします。

まずはドリンクコーナー。

しぼりたてのトマトジュースが人気のようです。
ヤクルトもあります。

新鮮なサラダコーナー。
トッピングが充実しているのがいいですね。

おかずは洋食、和食ともに充実しています。

紅鮭と三陸産のサバ一夜干しは炭火焼で焼かれていました。

具を選んで握ってもらうおにぎりなどがありました。
(もちろん白米とおかゆもあります)
おにぎりコーナーは大人気でいつも人が数人ならんでいました。

お米は「伊達の正夢」、塩は「塩釜の塩」と地元のこだわり食材です。

お味噌汁も赤みそ、しじみ、宮城の豚汁と3種類もあります。

宮城の豚汁とともに明太子といくらのおにぎりをいただきました。
いくらが全く生臭くなくおいしいいくらでした。

こちらも作り立てが提供されるだし巻き卵。

スクランブルエッグは本当にトロトロです。

寒い朝にうれしいおでんもあります。

焼きたてパンも充実。
クロワッサン、パンオショコラ、生クリームがぎっしりつまった甘いパンがありました。

そしてデザートも大充実です!

甘い果物達。

おいしそうなジャムとあわせて食べるヨーグルトやコーヒーゼリー。

宮城といえばのずんだ餅。

夜にあったジェラートもあります。

そして、鉄板で焼いてくれるフレンチトースト(トッピングの種類が多く迷います)
朝食の最後にジェラートと一緒にいただきました。

一の坊さんはやっぱり食事がおいしい。
個人的には今回は夜よりも朝のほうが満足度が高めの食事でした。