ラグジュアリーホテル

ザ・リッツカールトン日光 宿泊記【アクセス&チェックイン編】

ザ・リッツカールトン日光

先日ついに開業したザ・リッツカールトン日光に宿泊しました。

本来であれば2020年5月に開業予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で開業は7月に延期になってしまいました。
オープンを心待ちにしていた外資ラグジュアリーホテルの最高峰、リッツカールトン日光を詳細にレポします。

この記事が宿泊を考えられている方の参考になれば幸いです。

ザ・リッツカールトン日光

ザ リッツカールトン日光はいわずとしれたマリオットホテル最高峰のラグジュアリーブランドです。
国内で5軒目に開業したリッツカールトンで、リッツカールトンブランドとしては初めての温泉施設つきになります。

東武鉄道が出資100%らしいですね。リッツカールトンを日光に引っ張ってきてくれてありがとうございます、東武鉄道さん。

アクセス

リッツカールトン日光は栃木県日光市のいろは坂を登ったところにある中禅寺湖に面しています。
もともとは「日光レークサイドホテル」という歴史のあるホテルが建っていた場所に建てられました。

日光駅からリッツカールトン日光までの車で30分、路線バスで40分程度です。

場所柄、車で行かれる方が多いと思いますが、部屋数に対してあまり駐車場が多くないようなので、事前に連絡して駐車場を予約しておいたほうが良いようです。
ちなみに駐車料金は3000円です。

通常であれば東武日光駅からホテル間の送迎があるようですが、現在はコロナ対策のために送迎サービスを中止しているとのことでした。
残念ですが、仕方がありませんね。

他の方のブログを読むと送迎サービスを利用したという方もいらっしゃったので、利用したい方はホテルに聞いてみたほうがいいと思います。

私は今回はJR日光駅から路線バスに乗ってホテルに向かいました。

JR日光駅を出てすぐの路線バス乗り場「1B」からバスに乗り込みます。


日光駅からリッツカールトン日光までは1150円。
SuicaやPASMOで支払いも可能です。
コロナ前のインバウンドの影響なのかバスも新しくキレイです。

途中のいろは坂の上りではバスの動きも激しくなりますので、荷物はしっかり握っておきましょう。
私は念のために事前に酔い止めを飲みました。

降りるバス停は「ザ・リッツ・カールトン日光」です。そのままですね。

ちなみに帰るときは反対側のバス停から乗るのではなく、中禅寺バスターミナルから乗ることになりますので、バスで帰る方は気を付けて下さい!
私は間違えて冷や汗をかきました。

ホテルの敷地の前にはリッツカールトンのロゴ入りの石材と計算された苔のオブジェが。
これだけでもホテルの気品が感じられ、期待が高まります。

ザ・リッツカールトン日光

ホテルの敷地内に一歩入るとホテルのスタッフが小走りで駆けつけてくださいます。
これでこそリッツカールトン!と思いました。
荷物を持ってもらってホテルの入口へ向かいます。

ホテル 入口

このリッツカールトンライオンロゴが入口です。

近くに大きな銅鑼があります。
私はならさなかったのですが、ホテルの方の話ではならす方も結構いらっしゃるとのことでした。

入口スペースには手をかざすと消毒液がでる機械がありますので、消毒します。
手をかざすとたっぷりとでる消毒液。
ホテルのスタッフの方もお手本を見せるように、一緒に消毒してくれます。
本当は手に塗り込んだ後は爪の間までしっかりと消毒液をしみこませるのが正しい消毒の方法だということでした。

また非接触の体温測定器で体温も計ってくれます。コロナ対策はばっちりですね。

いよいよ重厚な石の自動ドアが開いて、ロビーへ。

ロビーにてチェックイン

なかに入るとチェックイン、チェックアウトのためのソファーがあります。
そこからみえる中庭がもう素晴らしい。
紅葉の時期でもないのに、少し紅葉しているかのような色味の植物が植えられています。
提灯に似た形のモダンジャパニーズ風のライトもいい感じです。

チェックインの手続きを行った時間は14:10ごろでした。
本来であれば15:00からチェックインですが、お部屋はあと20分くらいで利用できるとのことでした。

私はSPGアメックスを持っているため、マリオットのゴールド会員なのですが、アーリーチェックインは無理だったようです。
チェックアウトは14:00まで延長OKとのことでした。

子供も一緒に宿泊するので、子供用の浴衣をリクエストしました。
うちの子は小学校低学年なのですが、浴衣のサイズは110か130からの選択でした。
(もっと小さいサイズならあるかもしれませんが)

またチェックインの際に翌日の朝食の予約をします。
和食か洋食かの選択と時間ですね。
コロナ対策で15分間隔で予約人数を限定して受け付けていると説明がありました。

チェックインの手続きが済むと、館内施設の案内の紙とやレストランのメニューが見られるQRコード付きの紙、ホテルのマネージャーの方のwelcomeメッセージをいただきました。

チェックインの手続きは全体で10分程度かかりました。
開業間もないということで少し時間がかかったような印象です。

お部屋が利用できるまでの時間はどうされますか?と聞かれたのですが、
私はロビー・ラウンジでのアフタヌーンティーを事前予約していたため、そちらへの案内をお願いしました。

リッツカールトン日光のアフタヌーンティーについては次の記事で詳しくレポします。